優柔不断(ゆうじゅうふだん)とは?意味を例文でわかりやすく解説してみた

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク
[
スポンサーリンク
ad]

「優柔不断」とは、「ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと」という意味があります。

しかし、優柔不断の意味がわかったところで、その正しい使い方やシチュエーションを理解しておかないと、間違った解釈をしたまま恥ずかしい思いをするかもしれません。

そうならないように、この記事で優柔不断の意味に加えて、正しい使い方を例文も交えてわかりやすく解説しておりますので、最後まで読んでこれから活用できるようにしてくださいね!

ヒロト

今日のランチは何にしようかな?オムライスを食べたいし、でもさっぱりとざるそばもいいなぁ〜。

コトハ

ヒロトって本当に優柔不断なんだから。
早く決めないとお店が混むわよ!

スポンサーリンク
目次
スポンサーリンク

「優柔不断」の意味とは?わかりやすく解説

「優柔不断」とは、ゆうじゅうふだんと読み、ぐずぐずして、物事の決断がにぶいという意味があります。

優柔不断の意味を辞書で調べると、このように解説されております。

【優柔不断の意味】

  • ぐずぐずして、物事の決断がにぶいこと。また、そのさま。
  • 「優柔」はぐずぐずしているさま。
三省堂『新明解四字熟語辞典』より引用

優柔不断」の意味の概要

「優柔不断」は、物事を決める際にあれこれと考えすぎてしまい、決定に時間がかかる状態を表します。この性質は、重要な場面での迅速な判断が求められる際には不利になることがあります。
たとえば、仕事の場面や緊急の判断が必要なときに「優柔不断」であると、他人に迷惑をかけたり、機会を逃してしまう可能性があります。
しかし、慎重な性格とも言え、リスクを避けたいという気持ちから来ることもあります。

「優柔不断」が使われる場面

「優柔不断」は、日常生活のさまざまな場面で使われます。たとえば、レストランでのメニュー選びや買い物での商品の選定など、些細な決定から、大事な仕事の選択や人生の大きな決断に至るまで、多岐にわたります。
人間関係においても、「優柔不断」な態度は時に誤解を生み、相手に対して信頼を失う原因となることがあります。

ヒロト

「優柔不断」ってどんなことを意味するの?もう少し詳しく教えて!

コトハ

優柔不断とは、決断力に欠け、物事をすぐに決められないことを指します。
この言葉は、特に何かを選んだり決めたりする際に、どちらにしようかと迷ってしまい、なかなか結論を出せない人や状況に対して使われます。

ランチに何をたべようか迷ってるヒロトのような人のことを指すのよ!

スポンサーリンク

「優柔不断」の語源や由来

優柔不断の語源や由来は以下のとおりです。

【優柔不断の語源や由来】

  • 現代中国語においては「優柔寡断(优柔寡断)」が、日本語における「優柔不断」の意味で一般的に用いられる。
    この「優柔寡断」は「韓非子」の「柔茹而寡断」というくだりを語源とする、とされている。
Weblio辞書より引用
  • 「優柔不断」という言葉の初出は特定しがたいが、宋代の「梁溪集」や「宋名臣奏議」、元代の「宋史」、明代の「庚申外史」「国初群雄事略」などに「優柔不断(优柔不断)」の語が見出される。
    「優柔不断」の同義語といえる「優游不断(ゆうゆうふだん)」は、古代中国の書「漢書」において用いられている。
Weblio辞書より引用

「優柔不断」の語源

「優柔不断」という言葉の語源は、中国の古典に由来しています。この言葉は、四字熟語の一つで、それぞれの漢字が意味を持っています。
「優」は「やさしい」や「柔らかい」、「柔」は「柔軟である」や「決断力に欠ける」、「不」は「ない」や「否定」を意味し、「断」は「決断する」や「断定する」を意味します。
これらの漢字が組み合わさることで、物事を決めるのが難しく、すぐにはっきりとした決断ができない状態を表しています。

「優柔不断」の由来

「優柔不断」という言葉の由来は、古代中国の故事にさかのぼります。この言葉は、中国の古典『宋史』に記された一節から来ていると言われています。
この物語では、優柔不断な人物が登場し、彼の決断力のなさが周囲に悪影響を及ぼす様子が描かれています。
このようなエピソードを通じて、「優柔不断」という表現が使われるようになり、現在に至っています。

スポンサーリンク

「優柔不断」の使い方を例文でわかりやすく解説

それでは、「優柔不断」の正しい使い方を具体的にイメージできるようわかりやすい例文をご紹介します。

ヒロト

優柔不断ってどういう場面で使ったりするの?

コトハ

「優柔不断」という言葉は以下のような場面で使われます。

友人
レストラン

優柔不断がよく使われる場面の一例
  • レストランでメニューを選ぶときに迷う場面。
  • 買い物でどの商品を買うか決められない場面。
  • 仕事で重要な決断を迫られたときに迷う場面。
  • 恋愛や人間関係で相手に対しての態度を決めかねる場面。
  • 学校や職場での進路選択やキャリアパスを考える場面。
使う時の注意点
  • 相手を非難するようなニュアンスを避けるため、使い方に注意すること。
  • 自己反省として使う場合は、自己改善の意識を持つこと。
  • 他人の前で使う際は、相手の感情に配慮して使うこと。

優柔不断の例文①

この例文では、レストランでメニューを選ぶのに時間がかかる人の様子を表現しています。

ヒロト

ここのパスタ最高だよね。アラビアータがいいかな?それともシンプルにペペロンチーノもいいよね。どうしようかな?どっちもいいよね。

コトハ

いつもだけど、ヒロトはレストランでいつもメニューを選ぶのに時間がかかるのよね。本当に優柔不断なんだから!

ヒカル

この例文は、レストランで何を注文するか決められずに迷っている様子を表しています。誰かの優柔不断さが食事の場面で見えるときに使うと効果的です。

優柔不断の例文②

この例文では、仕事で重要な決断をするのに迷ってしまう様子を表現しています。

ヒロト

今回のプロジェクトでだれをリーダーに推薦するか迷ってるんだ。Aさんは統率力があるけど、Bさんは後輩を大切して能力を活かしてくれそうだし。どちらがリーダーにふさわしいのかな?

コトハ

ヒロトは新しいプロジェクトのリーダーに誰を推薦にするかで優柔不断になっているのね。

ヒカル

この例文は、仕事の場面で重要な決定をする際に迷ってしまう状況を描写しています。ヒロトが決断できずにいることを強調しています。

優柔不断の例文③

この例文では、恋愛において相手に対する態度を決めかねる様子を表現しています。

ヒロト

この間合コンで知り合ったC子さんと、気があうんだよね。告白しちゃおうかな?どうしようかな?

コトハ

ヒロトったら、告白するかどうかで優柔不断になっている・・・。

ヒカル

この例文は、恋愛の場面で告白するかどうか迷っている状況を表しています。優柔不断な態度は今後の恋愛関係にも影響しそうですね。

スポンサーリンク

「優柔不断」の言い換え表現を例文を使ってわかりやすく解説

「優柔不断」には以下のような言い換え表現があります。

【優柔不断の言い換え表現】

  • 細心の注意を払う
  • じっくりと考える
  • 思慮深い姿勢
Weblio辞書より引用


「細心の注意を払う」の例文

「細心の注意を払う」は「優柔不断」を表します。

慎重に物事を進めることを意味し、リスクを避けるために細かい部分まで注意を払う様子を表現しています。

ヒロト

今回のプロジェクトは、A案もいいけど、B案もすばらしいんだ。どちらにするかじっくり考えないと。

コトハ

ヒロトは新しいプロジェクトの計画に細心の注意を払っているのね。

ヒカル

この例文では、「優柔不断」というよりも、慎重であることを強調しています。細かい部分に気を配り、リスクを避けるために慎重に行動する様子を表現しています。

「じっくりと考える」の例文

「じっくりと考える」は「優柔不断」を表します。

物事を急がずに、時間をかけて深く考えることを意味します。

この例文では、物事を急がずに時間をかけて考える様子を表現しています。

ヒロト

今の会社は給料もまあまあだし不満はないんだけど、大学の先輩が誘ってくれた会社は僕の能力を十分に活かせそうで魅力的なんだ。思い切って転職すべきかな?

コトハ

ヒロト、転職するかどうかをじっくりと考えているのね・・・。

ヒカル

この例文では、「優柔不断」というよりも、急がずに深く考える様子を強調しています。慎重に決断を下すために、時間をかけて考える姿勢を示しています。

「思慮深い姿勢」の例文

「思慮深い姿勢」は「優柔不断」を表します。

深い考えや配慮を持って行動することを意味し、結果に対して慎重に判断する姿勢を示しています。

この例文では、深く考え、配慮を持って行動する姿勢を表現しています。

ヒロト

昨日、後輩のDさんから提案された修正案すごくいいと思うけど、本当に役立つのかな。まだ返事はしていないんだ。

コトハ

彼は部下の提案に対して思慮深い姿勢を見せています。

ヒカル

この例文では、「優柔不断」というよりも、深く考え、配慮を持って判断する様子を強調しています。慎重でありながらも、配慮を欠かさない態度を示しています。

スポンサーリンク

「優柔不断」の類義語

「優柔不断」の類義語を辞書で調べると以下の通りです。

【優柔不断の類義語】

  • 意志薄弱 いしはくじゃく
  • 薄志弱行(はくしじゃっこう)
Weblio辞書より引用

「意志薄弱 」の例文

意志薄弱(いしはくじゃく)の意味

「意志薄弱」は、強い意志を持てず、簡単に他人の意見に影響されやすい状態を指します。自分の考えをしっかり持たず、他人に流されやすい性質を表します。

ヒロト

昨日、Eさんと食事に行ったんだ。僕はラーメンが食べたかったんだけど、Eさんがうどんがいいっていうから、うどんを食べたよ。

コトハ

ヒロトは意志薄弱で、友人の意見にすぐに流されてしまうんだから。

ヒカル

この例文では、決断力や自分の意見を持てず、他人の影響を受けやすい様子を表現しています。
仕事の場面や日常生活で、自分の意見をしっかり持たない人や、簡単に考えを変える人を指すときに使います。
優柔不断と似ていますが、より他人の影響を受けやすいニュアンスがあります。

「薄志弱行」の例文

薄志弱行の意味

「薄志弱行」は、志が薄く、行動力が弱いことを意味します。目標や夢を持っても、その実現に向けて行動する意欲や力が不足している状態を表します。

ヒロト

肉体改造のためにジムに行き始めたんだけど、先輩があのジムじゃ効果がないっていうからやめちゃったんだ。

コトハ

ヒロトは薄志弱行で、新しい挑戦を始めてもすぐに諦めてしまうのね・・・。

ヒカル

この例文では、目標を持っても、それを実現するための行動力が不足している様子を表現しています。
優柔不断と似ていますが、こちらは特に行動力の欠如に焦点を当てています。仕事やプロジェクトにおいて、目標を持ってもそれに向けた行動が伴わない人を指すときに使います。

「優柔不断」の対義語

「優柔不断」の対義語を辞書で調べると以下の通りです。

【優柔不断の対義語】

  • 意志堅固(いしけんご)
  • 即断即決(そくだんそっけつ)
goo辞書より引用

「意志堅固」の例文

意志堅固の意味

「意志堅固」は、強い意志を持ち、他人に左右されずに自分の考えをしっかりと持っていることを意味します。
自分の信念を貫き、決して揺るがない姿勢を表します。

ヒロト

フルマラソン完走のために毎日10kmランは欠かさず行っているんだ。

コトハ

ヒロトは意志堅固な性格で、一度決めたことは最後までやり遂げるのよね。

ヒカル

この例文では、強い意志を持ち、他人に影響されずに自分の決定を貫く人の様子を表現しています。
仕事の場面や日常生活で、自分の信念をしっかり持ち、それを実行に移す人を指すときに使います。
優柔不断とは対照的に、揺るぎない決断力と行動力を強調する表現です。

「即断即決」の例文

即断即決の意味

「即断即決」は、迷わずにその場で素早く決断し、行動に移すことを意味します。
素早い判断力と行動力を持ち、物事を速やかに解決する姿勢を表します。

ヒロト

昨日の会議で、Oさんが素早く判断して、A案に決定したんだ。

コトハ

Oさんは即断即決のリーダーシップを発揮して、チームを迅速にまとめ上げたのね、さすがだわー!

ヒカル

この例文では、迷わずに迅速に決断し、行動に移すリーダーの様子を表現しています。
ビジネスやプロジェクトの場面で、素早い判断と行動が求められるときに使います。
優柔不断とは対照的に、迅速な判断力と即行動する力を強調する表現です。

「優柔不断」の英語表現

「優柔不断」の英語表現を辞書で調べると以下の通りです。

【優柔不断の英語】

  • Indecisive
  • Hesitant
  • Vacillating
Weblio辞書より引用

「Indecisive」の例文

"Indecisive" は、「決断力がない」や「優柔不断」を意味します。
何かを決めるのに時間がかかり、なかなか結論を出せない状態を表現します。

ヒロト

明日、フレンチレストランを予約したんだけど、何をたべようかな?

コトハ

"He is so indecisive that it takes him forever to choose what to eat at a restaurant."
(彼はとても優柔不断で、レストランで何を食べるか決めるのにとても時間がかかる。)

ヒカル

この例文は、レストランで何を注文するか決めるのに時間がかかる人の優柔不断さを英語で表現しています。決断が遅い様子を強調しています。

「Hesitant」の例文

"Hesitant" は、「ためらう」や「躊躇する」を意味し、決断を下すのに迷っている状態を表現します。
何かを決めるのに躊躇することを強調します。

ヒロト

先輩に誘われた会社、条件もいいし、転職しますって言うべきだったかな?

コトハ

"He was hesitant to make a decision about his career change."
(彼はキャリアチェンジについて決断するのをためらっていた。)

ヒカル

この例文は、キャリアチェンジに関して決断をためらっている様子を表現しています。慎重さや躊躇する気持ちが強調されています。

「Vacillating」の例文

"Vacillating" は、「揺れ動く」や「迷う」を意味し、意見や決断が揺れ動いて一定しない状態を表現します。
優柔不断で、決断が定まらない様子を強調します。

ヒロト

昨日の会議で、A案にするのかB案にするのか選択するように言われたんだけど、どっちにするか迷って選べなかった・・・。

コトハ

"His vacillating stance on the issue made it difficult for the team to move forward."
(彼のその問題に対する優柔不断な姿勢が、チームの進行を困難にした。)

ヒカル

この例文は、ある問題に対して意見が揺れ動き、チームの進行を妨げている様子を表現しています。
決断力の欠如がチーム全体に影響を与えていることを示しています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次